HISTORY

1950年 市瀬廣夫が帝国ホテルアーケードにて外国人専門の帽子店を開設する


1961年 婦人帽子研究所を開設。市瀬廣夫が自身のブランド「ICHINOSE」を発表。


1963年 パリにてジャンバルテ師に帽子つくりを師事。オートモードの帽子作りを研究し、技術を日本に持 ち帰る。ジャンバルテ(JEAN BARTHET):パリの帽子の帝王と言われ、「シャネル物語」 を始め映画界やパリモード界で数々の帽子を手がける。特にグレースケリー、ソフィアローレンの 帽子を数多く制作。


1964年 美智子皇后陛下 , 紀宮様の帽子作りを市瀬廣夫が担当。皇室の帽子作りを承る


1970年 大阪万国博覧会せんい館 「ウール・ショウ」“ウール・アラウンド・ザ・ワールド”帽子を担当


1973年 東京都新宿区に現在のアトリエを新設


1999年 市瀬晶子が自身のブランド「AKIKO.I」を発表


2002年 東山晶子を代表とし法人化。アトリエ アキコ有限会社を設立


2005年 「市瀬廣夫 60 年の歩み」展示会を新宿センチュリーハイアットにて開催
日本橋三越中央ホール「市瀬廣夫 60 年の歩み」トークショー開催 日本橋三越、札幌三越ライラックサロン、仙台三越、仙台藤崎藤彩会、新潟伊勢丹、岩田屋にてオーダー会


2006年 日本橋三越、札幌三越ライラックサロン、仙台三越、秋田本金西武、仙台藤崎藤彩会、新潟伊勢丹、岩田屋にてオーダー会。ヒストリーチャンネル「職人の道具」で「帽子職人アトリエ・アキコ」を放映


2007年 日本橋三越、池袋三越、札幌三越ライラックサロン、仙台三越、秋田本金西武、仙台藤崎藤彩会、新潟 三越、静岡伊勢丹、新宿高島屋、横浜高島屋にてオーダー会


2008年 市瀬晶子により新ブランド「A・.I」を発表。販売開始。 日本橋三越、札幌三越、新潟三越、仙台三越、池袋三越、大阪高島屋、西武秋田店、仙台藤崎、藤沢小田 急、高松天満屋にてオーダー会


2009年 名鉄百貨店(名秀会)、仙台藤崎(春の藤彩会)、藤沢小田急、仙台三越、日本橋 三越、札幌三越、新潟 三越、にてオーダー会
上野松坂屋、オーダー 会及びトークショー
立川高島屋、オーダー 会及びトークショー
仙台市「杜の都親善大使」(旧ミス仙台)制帽制作


2010年 市瀬廣夫が新宿区より平成 21 年度「新宿ものづくりマイスター」に認定 。 日本橋三越「逸品会」(春、秋)出品
仙台藤崎(春の藤彩会)、仙台三越、日本橋 三越、札幌三越、新潟 三越、盛岡カワトク、大宮高島屋、 高松天満屋にてオーダー会
【第11回 ビジネスフェア fromTAMA】出展


2011年 日本橋三越、新潟三越、仙台藤崎、札幌三越、東急百貨店吉祥寺店、さいか屋藤沢店にてオーダー会


2012年 日本橋三越、高松三越、仙台藤崎、仙台三越、札幌三越、東急たまプラーザ店、さいか屋藤沢店にてオーダー会


2013年 新ブランド 『A・I RED LABEL』発表
日本橋三越、銀座三越、札幌三越、仙台三越、伊勢丹 新宿店、仙台藤崎、さいか屋 藤沢店、東急たまプラーザ店、にてオーダー会
三越「逸品会」、伊勢丹「丹青会」に出品


2014年 『2014 ユミカツラ グランドコレクション in 東京』 紳士帽子を製作 日本橋三越、銀座三越、札幌三越、仙台三越、福岡三越、伊勢丹新宿店、仙台藤崎、さいか屋藤沢店にてオーダー会
三越「逸品会」、伊勢丹「丹青会」に出品


2015年 日本橋三越、銀座三越、札幌三越、仙台三越、新潟三越、福岡三越、伊勢丹 新宿店、伊勢丹浦和店、伊 勢丹新潟店、仙台藤崎、さいか屋 藤沢店、東武百貨店池袋店、大丸福岡天神店、フォーサイト ( 株 )
『グランドコレクション』にてオーダー会 三越「逸品会」、伊勢丹「丹青会」に出品

オーダーメイド|Made to Order

「素材選びから縫製まで決して手抜きをせず心をこめて作る。」をモットーに、チップ(型)を使ったより精密な型作り、上質な素材、丁寧な手作業による縫製にて納品までご案内いたします。

ATELIER

アトリエについて|About the Atelier

アトリエアキコは皇室帽子デザイナー市瀬廣夫が開設したアトリエを帽子デザイナー市瀬晶子が引き継ぎ自社ブランドを展開しています。
アトリエ アキコではお客様お一人お一人に合わせたオーダーメイド帽子の販売はもちろん、3つの主力ブランド製品「AKIKO.I」「IchiNose」「A・I」の卸販売を行っています。